転職者に捧ぐワンポイントアドバイス

転職者に捧ぐワンポイントアドバイス

仕事を辞めるのは転職先が決まったら

 仕事を辞めるときというのは、今の仕事が嫌だとか自分にもっと向いている仕事があるのでは、などと何かしら理由があると思います。そこで「思い立ったら」という勢いで辞めてしまうのは大変リスクが高いです。

 

 仮に失業保険がもらえる条件が整っていたとしても、自身の理由で仕事を辞めた場合、失業保険がもらえるようになるのは、一週間の待機期間に加えて3ヶ月の待機期間を過ぎてからなのです。その間無収入となりますので、よほど貯蓄などがないと、生活自体が危うくなり次の仕事を探すのに冷静ではいられなくなります。

 

 よって嫌だな・辞めたいなと思ったとしても、グッとこらえて次の転職先を働きながら探したほうが良いです。働いているため、時間に制限はかかりますが、予定をたてて有給休暇を消化できるだけ使って有意義に残りの前職期間を満喫しながら転職先を探しましょう。

 

仕事を探すならやっぱりハローワーク

 公共機関であるハローワークに行くのは、失業給付金をもらいに行くときだけという方もおりますが、多いに利用したいものです。無料の求人情報誌なども多く出ておりますが、中には内容に眉唾のものも多くあります。

 

 ハローワークに人材を求めている事業者・企業は、虚偽の内容をハローワークに申告していたら一応罰則があるからその辺は無料の求人誌よりは安心できるかなと思います。無料でネットでの求人検索もできる場所であるので、家にいて無気力になっていくよりは同じ境遇の方がまわりにいる中で、ちょっとした刺激を受けながらのほうが転職先を真剣に探せると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ