企業の形態から考える転職

企業の形態から考える転職

 さまざまな理由で勤め先を止めて就職活動中の人に是非考えて頂きたい事柄があります。当面の生活費の事も考えなければいけない時期で気持ちは焦りますが、いざ就職が決まってしまうと自分の将来の事は日々の生活に追われて考えにくくなります。

 

自分のタイプを考える

 年齢が若ければまだそういう段階ではないかもしれませんが、やはり人には「向き不向き」があり、最も考慮しなければいけないのは自分が「上に立つ人間か?下で支える人間か?」という事になります。

 

 ですが決して上に立つ人が偉いとか、下の人間が劣っている人間かという事ではありません。昨今ベンチャー企業が増えて誰もが企業のトップの立てるような風潮があり、トップに立てない人はレベルが低いように思われがちですが、実際の企業というものは決してそういう性質の元に成り立っている訳ではありません。

 

 大企業には必ずといってよいほど「名参謀」「トップの右腕」が存在し、この手の人種がいなければ成功は成し得なかったと言えるほど重要な存在なのです。トップを目指す者とNO.2を目指すのとではおのずと努力の質も変わってきます。

 

現在の企業の形態を考える

 

 最近の日本企業の特徴として「自社で全てを補う」経営は現在ではほとんど無くなってきました。派遣労働者の採用の増加もしかりであり、安い人件費を目当てに海外工場での製品の生産、OEM生産での外注生産など「売る会社」と「作る会社」が独立しているのです。ネットの世界ではアフリエイトやドロップシッピングなど「販売」に関しても社外に外注する企業も増えています。

 

 こういった動きはどんどん加速している状態だお言えます。ですので職を求める側も安定企業に入社するか、自ら会社を立ち上げ社長になるかしか選択肢の無かった昔の観念からは脱却した方が得策であると言えます。

 

 就職先に対してのアピールの一つとして考えられていた資格や技術を、個人の独立の為の実践的な技術として捉える時代なのです。ネット上にはこういったマッチングサイトやスポットで仕事を取れるサイトが急速に増えています。

 

 ネットの世界以外でも「作業の外注化」はどんどん進み、受け手の側も限りなく「個人」に近い規模になりつつあります。こういった世情を認識してまた自分の性質を見極める事で、将来長く続けられる職を見つけられるかどうかに影響してくると言えます。

 

イチオシ就職サイトガイド
ニートが就職を目指す!成功をつかむための秘訣特集
ニートから脱出!就職成功のために

 

30代の仕事探し成功術!転職者に必要なことは?
30代が仕事探しをする上での注意点とは?

 

http://xn--40-df3cy66ayxk711cgdv.net/
40代の転職をサポートする

 

http://xn--t8j4aa4npge9cvdtjqa2845tqfkb.net/
転職サイトの活用方法


ホーム RSS購読 サイトマップ